FAR AND SURE

Spirit of Golf

photo001.jpg

ゴルフの基本は
「あるがまま」「元に戻す」「審判は自分自身」
という高尚なものです。

だから10世紀前半から今日まで多くの紳士、淑女に愛され世界中に広まったのでしょう。

ゴルフは他のスポーツと違います。
「ただ勝てば良い」「スコアが少なければ良い」
というだけでは決して尊敬されませんし、真のゴルファーとは言えません。

ルール、マナー、エチケットが出来てはじめて真のゴルファーとなります。
そう、ゴルフは唯一審判がいないのですから・・・・

Far and Sure の為のインドアゴルフレッスン

photo002.jpg

『より遠くへ』『より正確に』は対義語かのような二つの言葉。
(どちらかを求めると、どちらかがおろそかになってしまう)

ほとんどのツアープロはトーナメント中のショットは70~80%のチカラで打っています。
トップアマの方も口を揃えたように「全力では打ってない。軽く打ちます」と言います。

そのチカラ加減でツアープロは270~300y、トップアマは240~280yくらい飛ばします。

簡単に言うと軽く打っても飛距離がでる、パワー(チカラ)の出し方を知っているのです。
リキまないで飛ばせると
『より遠くへ』のメカニズムがわかると
『より正確に』が見えてくる
スイングが安定しますから、ターゲットにボールを運びやすくなります。

photo003.jpg

『より遠くへ(Far)』は正しくチカラを出せば身に付き
いずれは『より正確に(Sure)』に繋がっていきます。

スイング中に骨格や関節にムリな動きが生じると
そこを守るために身体はチカラを入れて、それ以上動けないようにします。
(それ以上その方向へ動くと関節がブレーク(壊れる)するから、その前にチカラを入れて動かなくしている)

既存のインドアスタジオのような形やフォームだけを追い求めるのではなく
身体の関節、骨格の稼働方向、可動範囲を理解していただきながら
「よくありがちな抽象的な表現」でなく「的確な表現」をお伝えします。

スムースな連動を作っていきます。